14 合唱団パンダへ贈る言葉

僕たちがこれまで、コンサートにこだわってきたわけ。それは、自分よがりの思いこみでしかないかもしれないけど、僕たちが背負ってきたたくさんの”思い”であり、”パンダで生まれた唄達”でした。25回のコンサートを続けさせてもらったことに「ありがとう」。そして、25回でコンサートを終えることに「ごめんなさい」。 そんな思いから、どうしても前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13 ゆっくりゆっくり

「ゆっくりゆっくり」ピアニストのたえちゃんの編曲によるこの曲は今や合唱曲の中でも代表格になりました。 リズムやスピードの変化、曲の進んでいく中でのスケールの膨らみ方など、唄っていてもとても楽しい気持になります。ただこの曲の合唱ピアノ譜は、たえちゃんの頭の中にしかなくて、たえちゃんなしでは唄えないことになっています。・・ということで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12 君はそよ風

これも作詩は大上くんです。パンダの団員も大好きな曲の一つで、みのるくんの強い推薦もあり、今回唄わせていただくことになりました。 (一週間前のリハーサルより) 合わせて、これまで団員が結婚するときには必ずと言っていいほど、合唱団からのプレゼントとしてこの曲を録音して贈りました。もう何十回とテープに録音されたことでしょう(ただし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11 時の流れに

次の合唱曲は「時の流れに」。一番最後までこの一曲が決まりませんでした。 作詩は団長もされていた寺内くん。寺内くんが亡くなって15年以上経っているのですが、実は今でも毎年、寺内くんの心が僕たちのコンサートを創ってくれています。 寺内くんのお家はお寺をされているのですが、その関係で奈良教区仏教婦人連盟さんから、合唱団パンダはずっと多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10 夜空の星

さあ、いよいよ混声四部合唱のコーナーです。 なかなか揃って練習ができないため、曲数はいつもに比べて少なめになりましたが、 合唱団パンダらしさの一つでもある”一人では唄えなくてもみんなの声を合わせれば”の気持で精一杯唄います。 最初の曲は「夜空の星」作詩はパンダの名曲を数々書いてきた大上くん。 作曲はいわずと知れた八木たか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

9 舞台はかわっても・・。

映像を皆さんに楽しんでいただいている間に舞台裏では次の合唱に向けて準備が進みます。たしか、この映像の時間は3分30秒・・リハーサルではうまくいった動きがなかなかはかどりません。 実は、舞台上にはたくさんのビニールテープが貼られています。何色もあります。これは、朝からのリハーサルで舞台スタッフの皆さんが位置決めした所に貼ってくれたもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8 スライド「パンダ病棟の仲間達」

ファニータウンさんとの共演、そして小編成での2曲が終わり、一度目の大きな舞台転換が行われます。 今回のコンサートでは、たくさんの仲間達にも舞台に登場してもらおうということになりました。 ステージ前の紗幕が降りて、プロジェクターによって大きな画面が映し出されました。 ・・・と、ところが、これから始まる映像のナレーション役の団長の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7 我が友へ

次は、池ちゃんの曲です。僕は舞台上でギターをながたさんから受け取り、イスに座りました。 ここから練りに練った(???)座談会MCです。テーマは曲にちなんで「友だち」。 池ちゃんのトークに始まって、中さんが盛り上げ、上地さんがボケたところで、西田さんと僕がツッこむ・・・我ながら素晴らしい流れ・・・だったかどうかはわかりませんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6 あなたへの思い2

いよいよ曲が始まり、本番に強いみのるくんはやはりリハーサルの倍以上の声量で自らの思いを唄いあげます。 まもなく双子が生まれる予定の山本くんも、大きなおなかを抱えて今回は客席で応援してくれている奥さんの悦ちゃんの分まで一生懸命唄います。 期待どおり、ながたさんのギターも熱を帯びて、丁寧に曲が運ばれました。ステージの上手側にスポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5 あなたへの思い1

今回のスペシャルゲストながたたかしさんの登場です。 みのるくんの名曲をみのるくん、山本くんの二人で唄うことになり、 そのギター伴奏をながたさんにお願いすることになりました。 ながたさんは、奈良でフォーク活動をしており、「好きだよ」「セプテンバーレイン」などの ラブソングを聴いていると、この「あなたへの思い」と通じるところがあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

4 僕は生きてる

さあ、早くも団員にとってはヤマ場を迎えました。 手作り大道具、小道具をいっぱい引っ張り出しての「僕は生きてる」です。 道具作りは、各自で準備、下ごしらえをして、3日前にみんな集まって、半日がかりで仕上げました。 そして、その日の午後、動きの特訓をしました。その場でアイデアを出し合いながら、自然とにぎやかになります。そして、なぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3 Welcome to my house

続いては、CDを発売したばかりの我らがファニータウンのオリジナルナンバーから「Welcome to my house」です。 ファニータウンの演奏が始まると合唱団パンダは人格が変わります(笑)。今回もみんなはじけちゃいました。 だって、ノリがいいんだもん! そしてこれもお約束の”パンダスペシャル舞台スタッフ”のダンス参加も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2 Dream

ポーズが決まった後は、オープニング曲の「Dream」です。 パンダのみんなに好かれている一曲で、実はファーストコンサートのオープニング曲は、 同じ小西俊光さん作詞・作曲の「飛翔」という曲でした。 「飛翔」の「ぼくらは今、旅立つ~悲しみをふりはらってはばたく~」から25年が経過して、 「Dream」では「あのとき夢に向…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1 オープニング

今回のオープニングは、ファニータウンのコージー高橋さんのドラムでスタートです。ドラムが鳴り始めるとともに、緞帳には照明が踊り、そしてこれもファニータウンのキース柳井さんのキーボードストリングスに合わせて幕が上がり始めます。幕が上がると、そこにはそれぞれのポーズを決めた合唱団パンダの面々が・・・。実はこのポーズづくりがレッスンでの課題の一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more